killtestは最新の問題集を提供いたします!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

VMwareをミッションクリティカルな分野で利用されるお客様が増えつつあり、VMware環境における堅牢なバックアップソリューションの重要性が高まっています。
VMware環境におけるバックアップソリューションにはさまざまな選択肢がありますが、一般にその選択にあたっては、RTO(Recovery Time Objective:目標復旧時間)とRPO(Recovery Point Objective:目標復旧時点)、および再起動性をどのレベルまで求めるかによって変わってきます。

多くのお客様は、既存のCLARiXインフラストラクチャを利用して、できるだけRTOを短くして最良のRPOを達成しながら、重要なバックアップ作業も行いたいと考えていることでしょう。ここでは、EMC Replication Managerを用いて、CLARiXに接続した仮想マシンをバックアップすることのメリットとベストプラクティスの構成例をご紹介します。CLARiXとVMwareを組み合わせた上で、Replication ManagerやEMC SnapViewのktest高度な機能を使用することで、従来の物理サーバ環境に匹敵する堅牢なバックアップソリューションが実現するのです。
スポンサーサイト

【2011/11/30 11:29】 | VMWare認定資格
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。