killtestは最新の問題集を提供いたします!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プロアプリケーション認定資格
アップル認定プロになって、企業の採用担当者やクライアントに実力をアピールできるクリエータとしての競争力を手に入れましょう。アップル認定資格プログラムは、アップルのプロアプリケーションの習熟度を客観的に評価するものです。
認定資格試験に合格すると、それぞれのアプリケーションのアップル認定プロになれます。さらに、所定の追加試験に合格すれば、マスタープロ認定資格の取得が可能です。可能性はどこまでも広がります。

アップル認定プロ資格
アップル認定プロになるには、アップル公認トレーニングセンター (AATC)で実施する試験に合格する必要があります。レベル1認定資格試験では、アプリケーションの基本操作に関する問題が出題されます。
この試験は、コースの最後に行われます。独学される方、必要な知識をすでに習得していると思われる方は、直接試験を受けることも可能です(受験料が必要です)。
認定資格は各アプリケーションのバージョンごとに用意されています。認定資格の対象バージョンが廃止された場合、新バージョンの認定資格を再取得して、マスター認定資格を更新する必要があります。

アップル認定トレーナー資格
アップル認定トレーナープログラムでは、アップルのプロアプリケーションの認定カリキュラムを教える業界プロフェッショナルを養成し、試験で選抜します。アップル認定トレーナーは、アップル公認トレーニングセンターでエンドユーザを教えることができます。アップル認定トレーナーになるには、申込書の提出(英語)が必要です。申込の受理後、トレインザトレーナーコースを受講し、関連するトレーナー試験に合格しなければなりません。

アップルプロ認定資格のオプション
各認定資格は、アップルのアプリケーションの習熟度を評価します。アプリケーションの中には、複数の資格レベルが用意されているものもあります。下の表は、取得可能な資格と試験対策として推奨するクラスをまとめたものです。リンクをクリックすると、コース内容を確認できます。
スポンサーサイト

【2010/10/20 12:38】 | 資格
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。