killtestは最新の問題集を提供いたします!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LPIC試験の構成と概要LPICは3段階のレベルを設け、順次ステップアップしていく構成となっています。
2.gif

LPIC-1実務で必要なLinuxの基本操作とシステム管理が行えるエンジニアとして認定されます。Linuxサーバ環境の構築 運用 保守をするための基本的な操作が行えることを証明できます。LPIC-2Linuxのシステムデザイン、ネットワーク構築が行えるエンジニアとして認定されます。Linuxシステムの企画、導入、維持、トラブルシューティングができることを証明できます。LPIC-3Linux、Windows、UNIXなどの混合環境や、高負荷に耐えうる大規模システムの構築ができるエンジニア、ネットワーク構築や高度なセキュリティ技術をもつエンジニア、仮想化システムや高可用性システムを構築できるエンジニアであることを証明できます。
スポンサーサイト

【2011/07/09 10:12】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。